新校舎 間もなく完成

北九州自動車大学校では、現在、校舎の新築工事並びに改修工事が行われています。
新設されるのは学科教室で全11教室。年内には新教室へ移動する予定です。

昨日工事用足場が外されました!

北九州自動車整備専門学校時代の本校舎は、現在の実習棟新築の際に取壊し、その時より学科教室は、旧電機短大の校舎を使用してきました。

教室の数は十分過ぎるほどありましたが、年季の入った校舎でしたので、この先を見据えての全面リニューアルとなります。

私井浦は昭和61年卒で、当時はゼンリョウホールもありませんでしたし、旧第5、第6実習場もありませんでした。縁あって母校の教壇に立つことになった平成16年に現一級自動車整備士養成棟が新築され、その後、平成20年に、「専門学校 北九州自動車大学校」と校名変更し、平成22年に現在の実習棟が完成・・・そして、この度の学科棟リニューアル・・・私と同世代の卒業生であれば、母校の変わり様に驚かれると思います。昔の面影は、現在教材置き場になっている旧第4実習場ぐらいでしょうか・・・

S63年当時

H22年実習場新築

右側の学科棟は新棟完成後に取壊します

百年に一度の大変革といわれる自動車業界。特定認証、特定整備、OBD車検・・・と、整備業界にも大きな風が吹き変化対応が求められています。そして、勿論、我々の様な整備士養成施設も同様です。この先5年から10年は、目まぐるしい変化への対応が求められそうです。

古き良き伝統は大切にしつつも、変化に柔軟に対応し、次代を担う業界人の育成に力を注いでいきたいと思います。

同窓会事務局 担当 井浦

関連記事

  1. 令和2年度 入学式

  2. ようやくスタート

  3. 山口県メカニック&モーターSHOW開催のお知らせ

  4. 令和元年度卒業式

  5. 令和元年度 足立祭